水彩画を始めます。

※アイキャッチ画像のイラストは私が描いたものではありません。
※IllustACで百合さんからお借りしました。
※いつかこんな素敵なイラストを描いてみたいです。

ミシンが使えなくなって、あと少しで1年になります。
時間を何に使おうか悩んでいる時に、ふと昔から絵を描くことに憧れつつも
思い通りに描けなくて挫折したことを思い出しました。

写真も大好きだけど、絵が描けたなら頭の中で思い描くシーンを表現することが出来る。
歴代の我が家の猫たちを並べることも出来る。
そんな事を想像したら、いてもたってもいられなくて「水彩画」に挑戦することにしました。

初心者向けの本を買って、ドリルを順調にこなしていったけれど、

色付けする段階になって、全然上手くいかない…
どう塗ったらいいのか、色をどう組み合わせたらいいのか分からなくて
最初の着色は散々でした(泣)

次に、あべ まりえ先生の本で「たのしい水彩の時間 -0からの水彩イラスト」
を購入しました。「水彩画」のハードルの高さにやられていた私にとって
小さな可愛いものをチョコっと描くことを「水彩イラスト」と定義した本は救いでした。

[あべ まりえ]のたのしい水彩の時間 -0からの水彩イラスト

さっそく、色見本を作ってみることに。

 

イメージに合う色を3色選んで塗っていくのですが、3色をどう合わせたらいいのか
悩みましたが、3色塗り終わった後に水を足して合わせるよりも、塗りながら合わせていった方が
仕上がりが好きだな。

紙の上で色が混ざり合っていくのが面白くて、とても綺麗。
乾く前と後では、色合いが違くて、それもまた面白い。
18色セットの絵の具の他に、他の本で紹介されていたOPERAにすごく惹かれて
鮮やかなピンクなのですが、単体よりも他の色と混ざった時がとても綺麗で、好みです。

子供服用の生地を選ぶ時も少しだけくすんだ色が好きでした。
ピンクじゃなくて、桜色に近い渋いピンクとか選んでましたね。
(ここで学ぶ色のことが、いつか子供服を作る時に役立つといいな)

まだまだ始めたばかり、焦る気持ちを抑えつつ…(はやく上手くなりたくて(^^;)
色や塗り方と並行してデッサンの勉強も進めていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 7 =